ゲッツ板谷の自伝的小説をリアルに
再現した「ワルボロ」。
中学生男子のいか臭くてアツ苦しい日常を描いた
泥臭く、しかしどこかしら輝きを持つ若さが炸裂する・・・
そんな青春グラフィティー!
「週間ヤングジャンプ連載中」。


★ Welcome to 映画「ワルボロ」情報 Blog!
このブログでは映画「ワルボロ」に関する情報をお届けします。
「ワルボロ」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「ワルボロ」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「ワルボロ」に関する情報を

にまとめ「ワルボロ」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

ワルボロ映画化
ワルボロ ストーリー
ワルボロ 原作
ワルボロ キャスト/出演者
テーマ曲 クロマニヨンズ
コラム ワルボロ


青春小説の傑作が映画化! アツくて純な男たちが駆け抜ける!
That's 男気!

waru1.bmp
[ワルボロ] 9/8(土)全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
勉強一筋だった中学3年生のガリ勉コーちゃん。
授業中に絡んできた幼馴染かつヤンキーのヤッコに
頭突きをくらい、クラクラしながらも反撃。
フラフラになりながらもヤッコを玉砕さいたコーちゃんは
ヤンキーに転身する。
原作/ゲッツ板谷 監督/隅田靖 出演/松田翔太 新垣結衣
福士誠治 木村了 城田優 古畑勝隆 途中慎吾
 

ワルボロ-不良の質!?

ワルボロ」の時代背景は1980年代。
コーちゃんは中学3年生。
15歳とすると今は35歳くらいになるのでしょうか。

今回仲村トオル氏が松田翔太クンの叔父さん(ヤクザ)役で
登場しますが、
仲村トオル氏といえばやはり「BE-BOP HIGH SCHOOL」でしょうか。
「BE-BOP HIGH SCHOOL」はヤングマガシン連載で。・・それって丁度
1980年代ですね(笑)。仲村トオル氏も自身が演じた仲間トオルを
思い出して懐かしく思ったんじゃないでしょうか?

'80年代の不良マンガ(不良って言葉自体死語に近いかな)といえば
BE-BOP HIGH SCHOOL」とか
あと「ろくでなしブルース」とか。
ロングセラーが多かったですね。
ちょっとカラーは違うけど、同年代の背景を描いたのに
ナニワ友アレ」(ヤンマガ連載中)もありますね。

「ワルボロ」を今の中高生が見ると違和感を感じるでしょうね。
だって、あんな髪型したり、あんな制服着てる人いませんもん(笑)。

コーちゃんと同じ’80年代を過ごした筆者だからこそ
違和感なく最初から共感できたのかもしれません。

コーちゃんのヤクザ叔父さんに仲村トオル氏が出演してますが、
こえはこれでいいとして、ゲッツ板谷さんが本人登場しても
よかったんじゃないですかね。
だってヤンジャンの原作見たら、、、板谷さんそのものすよ(笑)。

不良とかケンカを正当化するつもりはないけど、
「ワルボロ」はイヤらしさがなくていいですよ。
TVドラマの「LIFE」観てますけど、ヤンキーの質も違うし、
なんだか女の方が強いんですよね。
男を道具のように使って。
コーちゃんたちみたいに男が女を守る!
なんて概念はないような気がして・・・。

さてさて、「ワルボロ」はまだヤンジャン連載中です。
映画とはストーリーの展開がやっや異なりますが、
いまやコーちゃんはすっかり’男’です。
強敵につぐ強敵が現れ、息つくひまもないコーちゃん。
今後どうなるのか。
ヤンジャン連載中の「ワルボロ」も目が離せません。

「包帯クラブ」の紹介

「ワルボロ」から遅れること1週間。
包帯クラブ」がリリースされました。

ちょっとここで紹介しますね。

---------------------------------------------
包帯クラブ

主人公は地方都市で一見平凡に生きる高校生たち。
平凡そうに見えても、両親の離婚、失恋、友情にはいる亀裂・・・
心に負う傷がある。
そんな辛い場所に包帯を巻くと少しだけ気持ちが軽くなる。
それに気づいた彼ら。
街の人の依頼を受けるようになり、徐々に他者の痛みを理解し
成長していく・・。

映画「包帯クラブ」
原作は天童荒太の小説
ベストセラー作家が’今’という生きにくい時代の
少年・少女に向けてハードカバーではなく
あえて価格の低い新書として書き下ろしている。

包帯クラブが引き受ける傷の思い出は
小さいものから〜事件といっていいほどの大きなものまでさまざま。
それを戦士のように戦って解決する・・そういう性質ではなく、
あくまで看護師のように思い出の場所に包帯を巻いて
手当てすることが彼らの目的。
白い包帯はたとえ傷の記憶は消せなくても
痛みを理解しあうというつながりの象徴。

「トリック」、「明日の記憶」の堤幸彦監督は、
若者に向けたストレートな青春映画としてのみならず、
大人の観客の心をも浄化するような
希望に満ちた’戦わずして戦う’ストーリーとして昇華している。

「傷を負った場所に包帯を巻く」という天童荒太の着想もNICEだが、
真っ白の包帯が高崎の青い冬空に吹かれるさまは
青春の痛みを切り取ったまさに映画的な光景。
柳楽優弥石原さとみら若手俳優
ストレートな演技もイヤミがない。
「誰も知らない」で頭角を現した柳楽優弥。
エセ関西弁を話すディノ役を痛快かつ繊細に演じる。

「ワルボロ」舞台あいさつ

ゲッツ板谷氏の自伝的小説を映画化した
ワルボロ」。

いよいよ9/8日に公開され、
東京・新宿の映画館バルト9で
主演の松田翔太クンや新垣結衣クンらが
舞台あいさつに登場しました。

新垣結衣クンのコメント。
「男の子たちが本当に仲がよくて・・・
一歩引いて見ていました」と。
なんだか清純な“マドンナ”ぶりを。
でも実際そうでしょう。
新垣結衣クン以外、みんな’ヤロウ’ですからね。
しかもみんなゴツめというか、、長身の。。
181cmある松田翔太クンが全然フツーに見えるほど
まわりのキャストも長身ぞろい。


warushoniti.bmp

ワルボロ」は

80年代の東京・立川が舞台。
優等生だった中学3年生のコーちゃん(松田翔太)が
あこがれの女の子・山田(新垣結衣)の前で
幼なじみで不良になっていたヤッコ(福士誠治)と
授業中に大げんかに。
ヤッコとの対戦でふっきれたコーちゃんは、
新しい仲間たちとけんかに明け暮れる
学園生活を送るという青春・・・
すこしバイオレント物語。

「週刊ヤングジャンプ」でマンガも連載される人気作。
映画では、松田翔太クンや
ミュージカル「テニスの王子様」
の手塚役でブレークした城田優クンらイケメンが
短ランにボンタン、オールバックという
80年代の不良姿で登場。


映画初主演の松田翔太クンのコメント。
やりたいことをやろうぜ

と仲間で話し合って撮影に臨んだんです。
暗いニュースも多いけど
この映画を見て明るくなってください」と。

80年代が舞台なので今の10代の若者が見ると、
「イマドキいねぇーよ、こんなダセーの!」と
思うかもしれません。
ごくせんなんかに出てくる男の子は
イケメンな上にオシャレですからね。
でも、80年代て、実際こんなカッコウだったんです。
ビーバップハイスクールや、ろくでなしブルースと
同じ時代背景ですね。
30〜40歳の方は共感できるんじゃないですかね。

とはいえ、10代の方が見てもオモシロイですよ。
なんか フッきれます。
是非ごらんください。

⇒「ワルボロ」予告はコチラ
(はじめスコシCMがはいります)

----------------------------------------
映画「HERO」も。
「ワルボロ」と同じ9/8にロードショー。
もうご存知でしょうけど簡単に紹介しますね。

【 ストーリー 】

6年ぶりに虹ヶ浦から東京地検・城西支部に
異動となった検事・久利生公平(木村拓哉)
早速、芝山が起訴した傷害致死事件の裁判を任されることに。
早期に決着がつくと思われていたが、
容疑者が一転無罪を主張するという予想外の事態に。
その容疑者を刑事事件無罪獲得数日本一の
敏腕弁護士・蒲生一臣が弁護。
冷静な法廷戦術で久利生を追い詰める。
やがてこの事件。
久利生が山口県・虹ヶ浦支部赴任時に
大きな因縁がある代議士・花岡練三郎の
贈収賄事件の鍵を握っていることを知る。
久利生と雨宮は事件の真相を知るため
韓国・釜山へ飛び、韓国の検事カン・ミンウ
協力を得ながら調査を進める。

久利生公平 - 木村拓哉

雨宮舞子 - 松たか子
中村美鈴 - 大塚寧々
芝山貢 - 阿部寛
カン・ミンウ - イ・ビョンホン

「ワルボロ」いよいよ公開

9/8 いよいよ
ワルボロ

公開です。

劇場に足を運ぶ前にすこしおさらいしておきましょうか。

上原さくらや小泉今日子らが愛してやまないゲッツ板谷氏の
初小説「ワルボロ」。
同氏原作が映画化され、
・ケンカ暴走
・ワルくてボロい
青春グラフィティーが誕生しました。
(こういう作品、しばらくなかったかもしれません)

主演は「コーちゃん」演じる松田翔太クン。

m.bmp

今までクールな役が多かった松田クンですが、
こういう役どころがまたハマるんです^^

ヒロインには、
さわやかで真面目な女子高生をやらせたら誰も右にでない、
新垣結衣クン。
★新垣 結衣クンの詳細はコチラ

コーちゃんの仲間には「純情きらり」の福士誠治
パンチパーマで登場。
「ヒートアイランド」出演の木村了城田優とともに
'80年代の不良を再現する。

音楽はシーナ&ロケッツの鮎川誠氏が担当。
主題歌は同作のファンだという
「ザ・クロマニヨンズ」が手がける。

こういう映画って久しくなかった気がしますね。
思春期を夢中でかけぬける感覚。
ちょっと懐かしく純情な、
かけがえのない感情がアナタの胸にも
よみがえりますよ。

↓ 主題歌のギリギリガガンガン です。

  これ見てから劇場に向かいましょう!




なお、同じ9/8(土曜)公開の作品に「HERO」があります。
これもまた見どころ満載。

⇒「HERO」の詳細はコチラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。