ゲッツ板谷の自伝的小説をリアルに
再現した「ワルボロ」。
中学生男子のいか臭くてアツ苦しい日常を描いた
泥臭く、しかしどこかしら輝きを持つ若さが炸裂する・・・
そんな青春グラフィティー!
「週間ヤングジャンプ連載中」。


★ Welcome to 映画「ワルボロ」情報 Blog!
このブログでは映画「ワルボロ」に関する情報をお届けします。
「ワルボロ」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「ワルボロ」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「ワルボロ」に関する情報を

にまとめ「ワルボロ」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

ワルボロ映画化
ワルボロ ストーリー
ワルボロ 原作
ワルボロ キャスト/出演者
テーマ曲 クロマニヨンズ
コラム ワルボロ


青春小説の傑作が映画化! アツくて純な男たちが駆け抜ける!
That's 男気!

waru1.bmp
[ワルボロ] 9/8(土)全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
勉強一筋だった中学3年生のガリ勉コーちゃん。
授業中に絡んできた幼馴染かつヤンキーのヤッコに
頭突きをくらい、クラクラしながらも反撃。
フラフラになりながらもヤッコを玉砕さいたコーちゃんは
ヤンキーに転身する。
原作/ゲッツ板谷 監督/隅田靖 出演/松田翔太 新垣結衣
福士誠治 木村了 城田優 古畑勝隆 途中慎吾
 

「ワルボロ」概略

「ワルボロ」

まさしく ワルくてボロい 青春グラフィティー。
舞台となるのは1980年代 東京立川市。
勉強一筋だったコーちゃん(松田翔太)に幼馴染だがずっと疎遠に
なっていたヤッコ(福士誠治)がからんでくる。
血で血を洗うような大ゲンカの末、
2人を疎遠にしていたわだかまりは解け、
コーちゃんはヤンキーに転身。
髪をオールバックにして、短ラン、ボンタン、鉄板入りカバンを手に
(↑平成生まれの人にはわからないでしょうね^^)
錦組リーダーのヤッコ、キャーム(木村了)、小佐野(城田優)、
ビデちゃん(古畑勝隆)、カッチン(途中慎吾)と共に
他校の中学生とのけんか三昧の毎日の突入。


作家・ゲッツ板谷の半実録不良青春小説を映画化した
ワルボロ

w1.bmp

しかしまぁ、登場人物の動くこと、動くこと!
これだけ走って、殴って殴られ、蹴って、蹴られ、されども
友情にホロリとさせられる青春映画も久々ですね。

キャストの牽引力となっているのが
主演の松田翔太クン。映画は本作が初主演。

今まではどちらかというとクールに役柄が多かった
松田翔太クン。
(たとえばライアーゲームとか。戸田恵梨香ちゃん と共演でしたね。
戸田恵梨香ちゃんの詳細はコチラ )
その松田翔太クンが今回はまるで水を得た魚のごとく
画面狭しと暴れまくる。


これには原作者のゲッツ板谷氏も
「オレの役を松田翔太クンがやってくれてること自体オツリがくるよ。」
「ラストにさ、咆えるシーンがあるんだけど、コレ見るとハッとするよ。ああ!やっぱり松田優作さんの息子なんだなって」
ゲッツ板谷氏も大絶賛の松田翔太クン。
ぜひぜひシネマの大スクリーンで確認されたい。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53479719

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。