ゲッツ板谷の自伝的小説をリアルに
再現した「ワルボロ」。
中学生男子のいか臭くてアツ苦しい日常を描いた
泥臭く、しかしどこかしら輝きを持つ若さが炸裂する・・・
そんな青春グラフィティー!
「週間ヤングジャンプ連載中」。


★ Welcome to 映画「ワルボロ」情報 Blog!
このブログでは映画「ワルボロ」に関する情報をお届けします。
「ワルボロ」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「ワルボロ」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「ワルボロ」に関する情報を

にまとめ「ワルボロ」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

ワルボロ映画化
ワルボロ ストーリー
ワルボロ 原作
ワルボロ キャスト/出演者
テーマ曲 クロマニヨンズ
コラム ワルボロ


青春小説の傑作が映画化! アツくて純な男たちが駆け抜ける!
That's 男気!

waru1.bmp
[ワルボロ] 9/8(土)全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
勉強一筋だった中学3年生のガリ勉コーちゃん。
授業中に絡んできた幼馴染かつヤンキーのヤッコに
頭突きをくらい、クラクラしながらも反撃。
フラフラになりながらもヤッコを玉砕さいたコーちゃんは
ヤンキーに転身する。
原作/ゲッツ板谷 監督/隅田靖 出演/松田翔太 新垣結衣
福士誠治 木村了 城田優 古畑勝隆 途中慎吾
 

原作 ゲッツ板谷

ゲッツ 板谷(1964年7月4日 )
本名 板谷宏一
東京都立川市出身

パチンコ雑誌でデビュー。
デビュー当初は金角・銀角というコンビで活動。
文章は金角、イラスト・漫画は銀角という分担に。
パチンコの旅打ち企画が好評だった。

後に、銀角との仕事への温度差からコンビは解散となり(ゲッツ談)、
金角からゲッツ板谷と改名。
単独での活動を開始し現在に至る。
ちなみに銀角とのコンビは「日本一凶暴なライター・イラストレーター」
として一部で有名。
2人をモデルに大沢在昌が『らんぼう』という喧嘩っ早い刑事コンビを
主人公にした小説を書いた事も。
西原理恵子の漫画『ぼくんち』のこういちくんも
ゲッツ板谷がモデルであると思われる。

途方もない「バカ」エピソードにあふれた自身の日常をつづった
爆笑エッセイを数作執筆。
その他に西原理恵子の元夫鴨志田穣らとのアジア旅行を描いた
『怪人紀行』シリーズや、自伝(?)不良小説『ワルボロ』(本作)、
対談本『わらしべ偉人伝』等が刊行されている。

デビューのきっかけは・・西原理恵子の斡旋とされている。
ゲッツ板谷ファン層は西原ファン、パチンコファン、ヤンキー・・と
幅広い。
公式サイトは「Gコーポ」と称され、ゲッツ板谷本人の他、
友人や面白そうなファンなどが文章を掲載。
近年、Gコーポの住人であり、友人の洋服店店長キャーム
(『ワルボロ』やエッセイ群にも中学校時代の友人として登場。
人生経験の豊かさ・濃さに定評がある)
まで単独で本を出すほどに。

矢井田瞳、V6の井ノ原快彦、意外なところでよしもとばななや
楡周平などもゲッツ板谷氏のファンであるようだ。

【 ゲッツ板谷 動画 】

情熱大陸にてゲッツ板谷氏がコメントをしているシーン。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53589020

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。