ゲッツ板谷の自伝的小説をリアルに
再現した「ワルボロ」。
中学生男子のいか臭くてアツ苦しい日常を描いた
泥臭く、しかしどこかしら輝きを持つ若さが炸裂する・・・
そんな青春グラフィティー!
「週間ヤングジャンプ連載中」。


★ Welcome to 映画「ワルボロ」情報 Blog!
このブログでは映画「ワルボロ」に関する情報をお届けします。
「ワルボロ」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「ワルボロ」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「ワルボロ」に関する情報を

にまとめ「ワルボロ」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

ワルボロ映画化
ワルボロ ストーリー
ワルボロ 原作
ワルボロ キャスト/出演者
テーマ曲 クロマニヨンズ
コラム ワルボロ


青春小説の傑作が映画化! アツくて純な男たちが駆け抜ける!
That's 男気!

waru1.bmp
[ワルボロ] 9/8(土)全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
勉強一筋だった中学3年生のガリ勉コーちゃん。
授業中に絡んできた幼馴染かつヤンキーのヤッコに
頭突きをくらい、クラクラしながらも反撃。
フラフラになりながらもヤッコを玉砕さいたコーちゃんは
ヤンキーに転身する。
原作/ゲッツ板谷 監督/隅田靖 出演/松田翔太 新垣結衣
福士誠治 木村了 城田優 古畑勝隆 途中慎吾
 

ゲッツ板谷氏コメント

松田翔太クン、
とにかくアドリブがきくんです

オレが好きなシーンも
ポイントになる演技は後で聞いたら全部そうだと言うから
驚きでした。
最後は全部松田翔太クンに呑まれちゃったな、と。

gets.bmp

母親の見舞いに行った病院。
鏡にケンカでボロボロな姿が一瞬映るときの表情も
「オレ、一体何やってるんだよ」って感じがよく出ている。
映画のラストのシーンで松田翔太クンが思いっきり咆えるシーン。
これって松田翔太クンが提案して加えられたんだってね。


背景の時代には今みたいにコンビニとかファミコンもないし、
遊ぶことといったらケンカぐらいしかなかったんですよね(笑)。

山田(新垣結衣)に告白するシーン。
「ああ、やっぱカワイイなぁ〜」って一言入れたり、
生徒手帳の中のヤッコの写真に気づいた後タバコを吸うところもまたいい!

松田翔太クンは細かい!(笑)
スゴイ役者だわ。
自分が中心になって「この映画、絶対成功あせてやるぞ!」
って気持ちが観てる側にもづごく伝わってくる。
松田翔太クンはこれまで「花より男子」とか
「ライアーゲーム」に出演しているけど「ワルボロ」が一番
合ってる気がするね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53971552

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。