ゲッツ板谷の自伝的小説をリアルに
再現した「ワルボロ」。
中学生男子のいか臭くてアツ苦しい日常を描いた
泥臭く、しかしどこかしら輝きを持つ若さが炸裂する・・・
そんな青春グラフィティー!
「週間ヤングジャンプ連載中」。


★ Welcome to 映画「ワルボロ」情報 Blog!
このブログでは映画「ワルボロ」に関する情報をお届けします。
「ワルボロ」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「ワルボロ」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「ワルボロ」に関する情報を

にまとめ「ワルボロ」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

ワルボロ映画化
ワルボロ ストーリー
ワルボロ 原作
ワルボロ キャスト/出演者
テーマ曲 クロマニヨンズ
コラム ワルボロ


青春小説の傑作が映画化! アツくて純な男たちが駆け抜ける!
That's 男気!

waru1.bmp
[ワルボロ] 9/8(土)全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
勉強一筋だった中学3年生のガリ勉コーちゃん。
授業中に絡んできた幼馴染かつヤンキーのヤッコに
頭突きをくらい、クラクラしながらも反撃。
フラフラになりながらもヤッコを玉砕さいたコーちゃんは
ヤンキーに転身する。
原作/ゲッツ板谷 監督/隅田靖 出演/松田翔太 新垣結衣
福士誠治 木村了 城田優 古畑勝隆 途中慎吾
 

松田翔太のイメージ

ワルボロ」。

コーちゃんを演じる松田翔太クン。

某メディアによる松田翔太クンのイメージ調査をした際のもようです。
結果、BEST5は ↓ のとおり。

1位 クール
2位 美少年
3位 男の中の男・硬派
4位 まじめ
5位 シャイ


ワルボロ」試写会を見た女性の松田翔太クンについての
コメント集です。

*松田翔太といえば●●● とイメージ中心のコメントです。

男性はとばしてください。
松田翔太ベタボレのコメントですから、
男性が見てもつまらんだけです^^;

松田翔太といえば「かっこいい!!」
めっちゃかっこいい!! 
今までの役とは全然違っていてびっくり。
強いなぁーと思った。

松田翔太といえば「ジェントル」。
男らしくてかっこよかった! 
今までは、おっとりというか、大人っぽいイメージだった。


松田翔太といえば「クールで真面目」。
今までのクールで口数の少ない役とは違ってかっこよかった。
今回は熱く喜怒哀楽を表現していて新境地が開けていたように思う。


松田翔太といえば「けっこうおちゃめで最高にかっこいい」。
クールな役や、女好きな役などいろんな翔太クンを見てきたが、
この映画での翔ちゃんは今までの中で一番熱かった。
ますます大好きになりました。

松田翔太といえば「クール」。
熱血で力強い場面や表情が印象的。
ただクールなだけのイメージではなく、男らしく、
力強い面も表現されていました。
個性的な役を今後も期待。


松田翔太といえば「出来る男」、「不思議くん」。
青春バカな映画って感じで、前半からずっと笑いが
止まりませんでした。
今までの翔太くんはさわやか系の中に少し悪さがあった。
今回はパワー全開で。
今までとは違った一面を見せてくれた。
サイコーにドキドキした。
友達にオススメできる作品です。


松田翔太といえば「クール」。
すごい無理してる感じの翔太くんの演技がよかった。
「花より男子」とは真逆のイメージ。
ツッパリ姿もカッコいい!


松田翔太といえば「やっぱりスタイルがいい!」。
リーゼントがすっごく似合ってました!!


松田翔太といえば「仲間に欲しい熱い奴」。
笑って泣いて殴って負けて。
でもそんな松田翔太に今まで以上に惚れました!!


松田翔太といえば「スマート(体格&知的)」。
仲間のために何度でも立ち上がる姿。
サイコーにかっこよかった。

という感じです。
ワルボロ」は松田翔太クンの今までのイメージを
払拭する作品です。
是非観賞してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54216335

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。