ゲッツ板谷の自伝的小説をリアルに
再現した「ワルボロ」。
中学生男子のいか臭くてアツ苦しい日常を描いた
泥臭く、しかしどこかしら輝きを持つ若さが炸裂する・・・
そんな青春グラフィティー!
「週間ヤングジャンプ連載中」。


★ Welcome to 映画「ワルボロ」情報 Blog!
このブログでは映画「ワルボロ」に関する情報をお届けします。
「ワルボロ」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「ワルボロ」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「ワルボロ」に関する情報を

にまとめ「ワルボロ」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

ワルボロ映画化
ワルボロ ストーリー
ワルボロ 原作
ワルボロ キャスト/出演者
テーマ曲 クロマニヨンズ
コラム ワルボロ


青春小説の傑作が映画化! アツくて純な男たちが駆け抜ける!
That's 男気!

waru1.bmp
[ワルボロ] 9/8(土)全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
勉強一筋だった中学3年生のガリ勉コーちゃん。
授業中に絡んできた幼馴染かつヤンキーのヤッコに
頭突きをくらい、クラクラしながらも反撃。
フラフラになりながらもヤッコを玉砕さいたコーちゃんは
ヤンキーに転身する。
原作/ゲッツ板谷 監督/隅田靖 出演/松田翔太 新垣結衣
福士誠治 木村了 城田優 古畑勝隆 途中慎吾
 

「ワルボロ」舞台あいさつ

ゲッツ板谷氏の自伝的小説を映画化した
ワルボロ」。

いよいよ9/8日に公開され、
東京・新宿の映画館バルト9で
主演の松田翔太クンや新垣結衣クンらが
舞台あいさつに登場しました。

新垣結衣クンのコメント。
「男の子たちが本当に仲がよくて・・・
一歩引いて見ていました」と。
なんだか清純な“マドンナ”ぶりを。
でも実際そうでしょう。
新垣結衣クン以外、みんな’ヤロウ’ですからね。
しかもみんなゴツめというか、、長身の。。
181cmある松田翔太クンが全然フツーに見えるほど
まわりのキャストも長身ぞろい。


warushoniti.bmp

ワルボロ」は

80年代の東京・立川が舞台。
優等生だった中学3年生のコーちゃん(松田翔太)が
あこがれの女の子・山田(新垣結衣)の前で
幼なじみで不良になっていたヤッコ(福士誠治)と
授業中に大げんかに。
ヤッコとの対戦でふっきれたコーちゃんは、
新しい仲間たちとけんかに明け暮れる
学園生活を送るという青春・・・
すこしバイオレント物語。

「週刊ヤングジャンプ」でマンガも連載される人気作。
映画では、松田翔太クンや
ミュージカル「テニスの王子様」
の手塚役でブレークした城田優クンらイケメンが
短ランにボンタン、オールバックという
80年代の不良姿で登場。


映画初主演の松田翔太クンのコメント。
やりたいことをやろうぜ

と仲間で話し合って撮影に臨んだんです。
暗いニュースも多いけど
この映画を見て明るくなってください」と。

80年代が舞台なので今の10代の若者が見ると、
「イマドキいねぇーよ、こんなダセーの!」と
思うかもしれません。
ごくせんなんかに出てくる男の子は
イケメンな上にオシャレですからね。
でも、80年代て、実際こんなカッコウだったんです。
ビーバップハイスクールや、ろくでなしブルースと
同じ時代背景ですね。
30〜40歳の方は共感できるんじゃないですかね。

とはいえ、10代の方が見てもオモシロイですよ。
なんか フッきれます。
是非ごらんください。

⇒「ワルボロ」予告はコチラ
(はじめスコシCMがはいります)

----------------------------------------
映画「HERO」も。
「ワルボロ」と同じ9/8にロードショー。
もうご存知でしょうけど簡単に紹介しますね。

【 ストーリー 】

6年ぶりに虹ヶ浦から東京地検・城西支部に
異動となった検事・久利生公平(木村拓哉)
早速、芝山が起訴した傷害致死事件の裁判を任されることに。
早期に決着がつくと思われていたが、
容疑者が一転無罪を主張するという予想外の事態に。
その容疑者を刑事事件無罪獲得数日本一の
敏腕弁護士・蒲生一臣が弁護。
冷静な法廷戦術で久利生を追い詰める。
やがてこの事件。
久利生が山口県・虹ヶ浦支部赴任時に
大きな因縁がある代議士・花岡練三郎の
贈収賄事件の鍵を握っていることを知る。
久利生と雨宮は事件の真相を知るため
韓国・釜山へ飛び、韓国の検事カン・ミンウ
協力を得ながら調査を進める。

久利生公平 - 木村拓哉

雨宮舞子 - 松たか子
中村美鈴 - 大塚寧々
芝山貢 - 阿部寛
カン・ミンウ - イ・ビョンホン


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。