ゲッツ板谷の自伝的小説をリアルに
再現した「ワルボロ」。
中学生男子のいか臭くてアツ苦しい日常を描いた
泥臭く、しかしどこかしら輝きを持つ若さが炸裂する・・・
そんな青春グラフィティー!
「週間ヤングジャンプ連載中」。


★ Welcome to 映画「ワルボロ」情報 Blog!
このブログでは映画「ワルボロ」に関する情報をお届けします。
「ワルボロ」の画像や動画、壁紙等の情報もお伝えしていきます。

「ワルボロ」についてをGoogleやYahooで調べても
情報量が多すぎて知りたい情報を得ることが出来ない
ということも多々あります。
そこでこのブログでは、「ワルボロ」に関する情報を

にまとめ「ワルボロ」に関する情報を
わかりやすくお届けしていきたいと思います。

ワルボロ映画化
ワルボロ ストーリー
ワルボロ 原作
ワルボロ キャスト/出演者
テーマ曲 クロマニヨンズ
コラム ワルボロ


青春小説の傑作が映画化! アツくて純な男たちが駆け抜ける!
That's 男気!

waru1.bmp
[ワルボロ] 9/8(土)全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
勉強一筋だった中学3年生のガリ勉コーちゃん。
授業中に絡んできた幼馴染かつヤンキーのヤッコに
頭突きをくらい、クラクラしながらも反撃。
フラフラになりながらもヤッコを玉砕さいたコーちゃんは
ヤンキーに転身する。
原作/ゲッツ板谷 監督/隅田靖 出演/松田翔太 新垣結衣
福士誠治 木村了 城田優 古畑勝隆 途中慎吾
 

「包帯クラブ」の紹介

「ワルボロ」から遅れること1週間。
包帯クラブ」がリリースされました。

ちょっとここで紹介しますね。

---------------------------------------------
包帯クラブ

主人公は地方都市で一見平凡に生きる高校生たち。
平凡そうに見えても、両親の離婚、失恋、友情にはいる亀裂・・・
心に負う傷がある。
そんな辛い場所に包帯を巻くと少しだけ気持ちが軽くなる。
それに気づいた彼ら。
街の人の依頼を受けるようになり、徐々に他者の痛みを理解し
成長していく・・。

映画「包帯クラブ」
原作は天童荒太の小説
ベストセラー作家が’今’という生きにくい時代の
少年・少女に向けてハードカバーではなく
あえて価格の低い新書として書き下ろしている。

包帯クラブが引き受ける傷の思い出は
小さいものから〜事件といっていいほどの大きなものまでさまざま。
それを戦士のように戦って解決する・・そういう性質ではなく、
あくまで看護師のように思い出の場所に包帯を巻いて
手当てすることが彼らの目的。
白い包帯はたとえ傷の記憶は消せなくても
痛みを理解しあうというつながりの象徴。

「トリック」、「明日の記憶」の堤幸彦監督は、
若者に向けたストレートな青春映画としてのみならず、
大人の観客の心をも浄化するような
希望に満ちた’戦わずして戦う’ストーリーとして昇華している。

「傷を負った場所に包帯を巻く」という天童荒太の着想もNICEだが、
真っ白の包帯が高崎の青い冬空に吹かれるさまは
青春の痛みを切り取ったまさに映画的な光景。
柳楽優弥石原さとみら若手俳優
ストレートな演技もイヤミがない。
「誰も知らない」で頭角を現した柳楽優弥。
エセ関西弁を話すディノ役を痛快かつ繊細に演じる。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55675066

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。